不可能だった造形を可能にする金属3dプリンター

今では金属3dプリンターを用いた造形サービスが、各社から提供されているため、必要に応じて利用してみることがポイントです。金属3dプリンターの利点は、三次元的な造形が行えることにより、従来の切削などでは実現できなかったデザインが可能になることです。例えば中空形状や、入り組んだ複雑な形状なども造形できるようになっています。本来であれば幾つかのパーツを組み合わせることで初めて実現できた構造体でも、一体形状など、部品点数を減らして作り上げることが可能です。一方、使用できる金属素材も、ステンレスやチタンやアルミやマルエージング鋼など、数々の素材で造形できることも魅力です。造形サービスを提供している各社では、一点からでも低料金で受け付けている場合がありますから、先ずは問い合わせや見積もりを依頼することがおすすめです。

金属3dプリンターの可能性とメリット

3dプリンターは、もともとは製品を生産工程に載せる前に、その製品のデザインや機能、構造などを確認することを目的として使用されていました。いわば試作品の作製がメインでした。3dプリンターの性能が向上するにつれ、試作品ではなく、部品を製造するために使用するケースが増えてきています。金属加工は、機械製品の根本をなすもので、例えば自動車は金属加工製品の塊です。加工については、鋳造や鍛造、削り出しが一般的でしたが、レーザー加工により材料の無駄もなくなりました。これに代替するのが、3dプリンターです。設計したとおりに粉末から造形していきますので、鋳造や鍛造などの従来の製造方法では不可能だった形状の造形が可能になりました。また、材料の無駄もなくなり、製品の軽量化も可能となってきています。プリンターの価格も低下しつつありますので、今後の加工業における切り札になります。

金属製品が製造可能な3dプリンター

3dプリンター、皆様はどの様なイメージをお持ちでしょうか。粉末樹脂を成形して3d形状を作り出す、たしかに間違っていませんが、今ではその想像をはるかに上回る技術が構築されています。熱源にレーザー光やプラズマを用い金属製品が造形可能な時代になっています。金属を溶解して製品を作る、すなわち溶融金属を型に流し成形する鋳造品と同等の強度を製品に与える事が可能になっています。3dのCADモデルがあれば高価な金型を作ることなく直接製品を作り出すことが可能です。CADではわからない製品の質感を確認しながら製品の完成度を高めていくことができます。そして完成した製品はそのまま商品としてユーザーに提供できます。まさに革命です。世の中ではインダストリアル4.0が叫ばれています。その最先端技術を皆様もぜひご体験ください。

金属3Dプリンター販売・レンタル承ります。常駐のエンジニアが安心のサポート体制を整えています。 3Dプリントを活用することで実現する物流を支援します。 100社160台以上の販売・導入・保守実績。日本唯一の3DSYSTEMSプラチナリセラーです。 金属3DプリントはSOLIZE Products。日本老舗の3DSYSTEMS社正規販売代理店です。 3dプリンター 金属の【SOLIZE Products】